特許とり方・実用新案・知的財産所有権・商標権・商標登録・著作権譲渡・意匠審査基準は東京都を中心に全国対応している豊島区の弁理士伊藤国際特許事務所へ

伊藤国際特許事務所TOP 中小企業支援  > 中小企業社様における知的財産戦略の必要性

中小企業支援

 

中小企業支援とは中小企業の皆様への知的財産取得アドバイス

中小企業社様における知的財産戦略の必要性

中小企業社様における知的財産戦略の必要性

優れた発明、実用新案や意匠となるノウハウや自社技術を持っていても、特許などを取得し、それを保護しなければ、自社の発明、実用新案として活かすことが出来ません。
逆に、自社開発にかかる発明、実用新案や意匠を積極的に保護することで、企業をより大きく発展させていくことが可能となります。

(1)特許・商標等を取得した場合のメリット

*公的機関の仕事が受注しやすい
 国あるいは地方公共団体などの公的機関は他社の特許権など知的財産権に抵触するか否かを非常に大きく考えています。従って、公共工事に採用される工法や工事機械などに特許権を取得していればスムーズに話が進み、多くの受注を得ることができます。
 さらに、公共工事に特許工法あるいは特許製品を使用していると、受注代金にその部分を上乗せして請求できることがあります。

*他の競争会社より一歩先んじることが出来る。
 自社が所有する特許をアピールすることにより商談を有利に進めることが出来、他社を一歩リードすることができます。


(2)特許・商標等を取得した場合のデメリット

(1)特許や商標などの知的財産取得に際しては、若干費用がかかります。

(2)また、これらの権利を維持していかなければなりません。そのために、本業の仕事以外の労力を費やさなければなりません。






<<支援内容